Eu so de Aden

--.--.-- / スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(--:--) / スポンサー広告 / TB(-) / CM(-) /

2007.04.04 / 面接その後


イタリア料理店のほうは、予想通り敷居が高かったです。

猫かぶれば通りそうだったけど、どうせ長続きはしないしね。



1度カタギの生活する前まで、わたしは、常時5~7店舗 200人↑の女の子の

管理をしていました。

その前はお店に出つつ、売掛金の回収とか。もっと前は普通にお店に出てました。

2つ目のダイニングバーの経営者は、口にこそ出さなかったけれど

そんな経歴をある程度知っていて面接したんだと思う。

店内スタッフとしての採用ではなくて、新しく始める予定の店舗運営の話しをされました。

お互い、突っ込んだ話しはしなかったけれど

儲かれば、そこそこ。コケたら知らんぷり的な匂いがぷんぷんしました(笑

もう1,2回会って話しをしてから決めようと思いました( ´,_ゝ`)




お水話しついでに、わたしが売掛回収してた頃の話しをひとつ。

店の現金には一切触れることのない普通のスタッフとして働いていたのですが

オーナー側の理由から、わたしに売り掛け金回収役の白羽の矢が。

別に信頼されてたわけじゃなくて、オーナーがわたしの借金を肩代わりしてくれていて

小金も持たない人間が逃げるわけがない、と踏んだからだと思います(笑

で、副収入にもなるしということで、引き受けました。


まずわたしが始めたのは、前任の人の話を聞く事。当然ですよね。

最初の頃はそれに習ってしてたんですが、とにかく時間がかかるんです。

当時のわたしは、店に出ればそれなりの収入になったので、穴はあけたくない。

でもお金は欲しい。いや、ちょー欲しい! という状態。

売り掛けが許されていた店は会員制クラブで、当時2店舗あったんですが

接待用に使う、身分がはっきりしていたお客さんに限られていました。

それは会社の規模ではなくて、最低でも、会社での立場が部長、

普通は取締役の肩書きの付く人でした。

そこで前任者から習った、アポ入れてから受け取りに行くというのをやめました。

アポTEL入れたら外出中とか、約束した日に振り込まれてないとか、経理の担当がいないとか・・・

あーこれはナメられたんだな、と思ったんです。前任者は男だったし。



そのうちアポなしで、直接会社へ行くようになりました。

オフィスビルへ。みんなスーツ着てますが、わたしの着ているスーツは浮いてました(笑

取締役くらいになると、大なり小なり会社の経費は使うことができるようになるみたいで

更に言うと、そのお金が正規のものなのか、そうじゃないか、会社へ行くとわかりました。雰囲気で。

色々な意味で勉強になったし、外の世界を知る良い経験になりました。

わたしは別に取立屋ではなかったし、またお店に来てもらいたかったので

お土産持って行ったり、けっこう工夫もして、うまくやってた方だと思います。




YouTubeは、先日の【フィギュア世界選手権

見て思ったんだけど、荒川静香よりもプロに向いてるんじゃないかなあ。

スポンサーサイト
(10:22) / Days / TB(0) / CM(0) /
花も団子も / Eu so de Aden / Promise

COMMENT

COMMENT POST







 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

http://solatio.blog26.fc2.com/tb.php/143-7f57b333
HOME
Photo by Sky Ruins Template by lovehelm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。